メリット

  • Q

    銅導体ケーブルと比べて、最大のメリットは何か?

    A
    • サブコン、プラントエンジ : 軽量化によるケーブル延線作業負荷の低減(人工削減、工期短縮)、ケーブル費用削減です。
    • ゼネコン : 軽量化によるケーブル延線作業負荷の低減(人工削減、工期短縮)、ケーブル費用削減です。
    • 施主、設計コンサル : 軽量化による作業負荷低減で工期安定が見込め、作業安全の向上につながります。
  • Q

    重量差はどれくらいか?

    A

    ケーブル単体では約30%の軽量化です(銅導体ケーブルに対してアルミ導体サイズ1アップ考慮した場合)。

  • Q

    なぜシースを青色にしているのか?

    A
    • 既存の銅導体CVケーブルと、アルミ導体ケーブルの識別のためです。
    • アルミ導体ケーブルの誤切断の防止、アルミ専用端子の使用遵守のため、当社標準としている青色以外の対応はいたしません。
    • 銅導体ケーブルと外観で区別ができるので、盗難防止になった事例があります。

ケーブル種類・サイズ選定

  • Q

    アルミ導体ケーブルの幹線計算はどのように行うのか?

    A

    抵抗値、インピーダンスが異なるのみで、基本計算方法は銅と同じです。

  • Q

    許容電流はどうなるのか?

    A

    導電率が銅導体の60%なので、同サイズだと許容電流は小さくなります。

    1. サイズアップすれば(銅導体100mm2以下は1サイズアップ、銅導体150mm2以上は2サイズアップ)、許容電流は銅導体ケーブルと同等以上となります。
    2. 所要電流によっては、同サイズで対応が可能な場合もあります(その際は電圧降下にも注意してください)。
  • Q

    電圧降下はどうなるのか?

    A

    サイズアップすれば(銅導体100mm2以下は1サイズアップ、銅導体150mm2以上は2サイズアップ)、ほぼ同等のインピーダンス値となり、電圧降下は同等になります。

  • Q

    許容曲げ半径はどうなるのか?

    A

    曲げ半径の倍率は銅導体CVTケーブルと同じ(6D)です。

    サイズアップに伴い、曲げ半径の実際の値は大きくなります。

  • Q

    従来の防火区画処理材は使用できるのか?

    A

    使用可能です。

  • Q

    アルミ導体ケーブルが使用できない場所はあるか?

    A
    1. 消防用ケーブル(FP-C):
      800℃で30分間通電が必要な消防用ケーブルには、融点が660℃のアルミ導体は使用できません。
    2. 太陽光発電用 1500V直流ケーブル(PV-CQ):
      電気設備技術基準で”導体は銅であること”の規定があり、アルミ導体は使用できません。 ただし、AC用ケーブル、DC低圧用ケーブルに使用することは問題ありません。
  • Q

    ケーブルラインナップは、CVT以外にあるか?

    A

    以下のラインナップがありますが、いずれも受注生産となります。

    1. AL-CV(単心 38~400mm2)、AL-CVD(38~400mm2)、AL-CVQ(38~325mm2)
    2. コルゲート付き AL-CVTMAZV(38~325mm2)、AL-CVQZV(38~200mm2
  • Q

    高難燃、エコ、ノンハロはあるか?

    A

    別途お問い合わせください。

  • Q

    延線張力は銅ケーブルと比較するとどうなるのか?

    A

    許容張力自体は銅ケーブルは7kgf/mm2に対してアルミ導体ケーブルは4kgf/mm2となりますが、 延線張力はケーブル自重、摩擦係数、敷設長で決まることから、実際の延線時は銅ケーブルより少ない張力で延線可能です。 また、プーリングネットを使用する場合は、ケーブルのシースを引っ張って延線するため、許容張力は銅ケーブルと差異はありません。

信頼性

  • Q

    アルミ導体ケーブルの耐用年数はどうか?

    A

    従来の銅導体CVケーブルと同等です。

  • Q

    JIS規格はあるのか?

    A

    銅導体CVケーブルのJIS(JIS C 3605)にアルミ導体の規定がないため、JISマークを表示することはできません。

    ただし、導体を除く部分に関してはJIS C 3605を満足しており、従来の銅導体CVケーブルと性能に何ら変わりはありません。

  • Q

    既設の盤に接続可能か?

    A

    銅の圧着端子(R端子)と比べて形状や厚みが異なるため、案件毎に確認させて頂いています。事前にご相談ください。

接続処理 (端末等)

  • Q

    銅導体ケーブルとアルミ導体ケーブルで工具の使い分けは必要か(共用はできないのか)?

    A

    ケーブルカッターを共用することは可能ですが、アルミ導体ケーブルを切断する前に銅粉を拭い取ってから使用してください。

  • Q

    アルミ導体ケーブルの端末処理方法は、銅導体ケーブルとどう違うのか?

    A

    銅導体ケーブルの作業との違いは、導体表面のブラッシングが必要なこと、アルミ専用端子を使用すること、導体露出部を防水テープで覆うことです。

  • Q

    ブラッシングはどの程度すればよいのか?

    A

    アルミ導体表面のツヤがなくなるまでお願いします。信頼性担保のために、被覆剥ぎ取りと同時にブラッシングが可能な『アルミらくらくソケット』を販売しております。

技術事項

  • Q

    電食対策はどうしているか?

    A

    アルミ端子にはすべて錫めっきが、端子台にはニッケルめっきが施されているので、アルミの異種金属接続はありません。
    端子の電線接続箇所は、水分が入る可能性がある場所での使用については防水テープ処理が必要となります。

その他の疑問をメールで質問する

メールでお問い合わせ